GoogleMapsAPIを使用する時の注意点とは

  • GoogleMapsAPIの持つ多彩な機能とは

    • 現代社会において、普及し続けるインターネットはその利用方法も非常に多岐にわたるようになりました。

      Google Maps APIs Premium Plan情報サイトについて考えます。

      自分が調べたい情報を効率よく収集できるだけでなく、通販サイトや動画視聴をはじめ人々の快適な生活を支えるためのインターネットの役割はますます大きくなっています。近年においては、インターネットは情報やサイトを閲覧するための手段ではなく、企業や個人が情報を発信するための手段としても非常に活用されるようになってきました。
      GoogleMapsAPIは、Googleが提供している無料地図サービスです。

      自分でサイトを運営している人にとって、従来は自分のサイトに地図を組み込む時にはそのコストにも頭を悩ませてきました。
      自分のサイトに地図の組み込みが無料で行えるサービスが提供されたことは非常に画期的でもあります。
      GoogleMapsAPIには地図を表示するだけでなく多彩な機能があります。使用できる地図のタイプも4種類が準備されています。

      真剣にOKWave情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

      道路や建物などが表示されるROADMAP、衛星写真を使用したSATELLITE、ROADMAPとSATELLITEが複合されたHYBRID、地形情報を使ったTERRAINNがあります。


      これらのマップタイプは、地図上に表示されたマップタイプコントロールを使って切り替えることも出来ます。GoogleMapsAPIは地図を表示するだけでなく、地図の中心座標を指定したり、地図の表示領域を調べることも出来ます。

      また、地図上やマーカーをクリックした時にその地点に関する情報が表示される情報ウィンドウが使えることは、地図上の画面の中で情報をより分かりやすく提供したい時には非常に便利です。
      マーカー機能を使うことで、地図上のポイントに目印を付けて目立たせることも出来ます。GoogleMapsAPIは、ユーザーが利用しやすい基本的な機能からその他の機能まで十分に兼ね備えているのです。