GoogleMapsAPIを使用する時の注意点とは

  • GoogleMapsAPIはAPIキー取得が必要

    • 2016年6月から新規サイトでGoogleMapsAPIを使うためには、APIキーの取得が必要になりました。
      APIの取得の手順を説明します。

      GoogleMapsAPI プレミアムプランに関する情報に追加しています。

      ・まず最初にブラウザを起動して、Google Maps APIs for Webへアクセスします。

      ・画面上部に表示される、「キーを取得」ボタンをクリックします。

      ・「Google Maps ウェブAPIをアクティベートする」画面上で、「続ける」をクリックします。

      goo ニュース情報探しに特化した総合サイトです。

      ・googleアカウントのログイン画面上で、自身のIDとパスワードでログインします。・「アプリケーションを登録するプロジェクトの選択」画面上で「新しいプロジェクトを作成」が選択されていることを確認して「続行」ボタンをクリックします。

      ・「認証情報」画面で「このHTTPリファラー(ウェブサイト)からのリクエストを受け入れる」にて、GoogleMapsAPIを設置するURLを登録します。


      ・入力完了後、「作成」ボタンをクリックし、「保存」をクリックします。


      ・「設定情報」画面でAPIキーの取得ができたことを確認します。



      上記の操作を実行することで、以下の4つのGoogleMapsAPIを使用することができます。・Google Maps Embed API・Google Maps JavaScript API・Google Static Maps API・Google Street View Image APIGoogleからはその他にも多くのAPIが提供されているので、使用したい場合は、Google Developers Console Enabled APIs listにアクセスして追加することができます。